白ロム・赤ロム携帯っていったい何??

iPhoneやアンドロイドスマホ等の携帯電話を主軸に、デジタルデバイスを買取しているセンススタジオです。

当ブログでは、買取の際にお客様よりいただくご質問とそれにお答えする内容についてお話しします。

 

本日は「白ロム・赤ロム携帯とはいったいなんなのか?」についてお話しします。

携帯買取店のホームページなどを見ると「白ロム」「赤ロム」という言葉がよく出てきます。

この二つについて、順番にお話ししていきます。

「白ロム」とは携帯電話やスマートフォン本体に電話番号などの情報が入っていない状態で、SIMカードが入っていない状態の端末、中古携帯を「白ロム」といいます。

携帯キャリアショップや量販店で携帯を購入すると本体に電話番号などの情報が入っていることが多いので、その携帯は「白ロム」ではありません。

 

次に「赤ロム」ですが、「赤ロム」とは、遠隔ロックのことをいいます。docomoの“おまかせロック“、softbankの”ネットワークの通信利用制限“のようなことを指します。

どういう時にこのようなロックや制限がかかるかといいますと、所有者と携帯キャリア間での問題により、制限やロックがかかり、SIMカードを挿入しても使えなくなってしまう時です。

この状態だと、お売りいただくことができないのでご注意ください。

 

ご自身の携帯電話を買取ショップにお売りの際は、お手持ちの携帯がどの状態なのかを知っていただけると、ご納得の金額でお売りいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です